ROS-Indigoインストールメモ

Windows 8.1 ProのHyper-V上にROS-Indigo環境をインストールする手順のメモです。
基本的にデフォルト操作については割愛しています。
今回、外付けHDDに仮想マシンを置きましたが、USBメモリはやめた方が無難です。

Hyper-Vの設定

Hyper-Vの有効化は割愛。
仮想スイッチの作成も割愛。

仮想マシンの作成

ROS勉強会に持って行った環境は仮想マシンを第1世代で作ったが、今回は第2世代で作成。
起動メモリ512MB、動的メモリを使用。
ネットワーク接続は、仮想スイッチに。
オプションで、ブートイメージファイルから〜を選択、ダウンロードしておいたisoイメージファイルを指定する。
仮想マシン作成後、仮想マシンの設定を開き、ファームウェアのセキュアブートを無効にする。

Ubuntu14.04LTSのインストール

インストール

仮想マシンを起動したら[Install Ubuntu]を実行する。
[インターネットに接続されていること]が×になっていたが、今はそのまま進める。
インストールが完了したら再起動。
→[* Asking all remaining processes to terminate...]で進まないので、ちょっと待ってから操作メニューで停止、起動した。

ネットワークの接続

やはりネットワーク接続がオフラインになる。
端末を起動して、ifconfigで確認。ついでに端末をlauncherに登録。
eth0は認識していたので、HOST-OS側の設定をもとに接続を作り直した。
どうもDHCPサーバにたどり着けていないようだったので、固定IPで設定したらつながった。
ROS勉強会のときもそうだったが、モバイル環境に切り替えたりするとつながらなくなるので、何か設定が必要かもしれない。

ROS-Indigoのインストール

http://wiki.ros.org/ja/indigo/Installation/Ubuntu に沿って進める。
「デスクトップ環境のインストール」で行った。

ROS勉強会5で聞いた内容を動かしてみる

https://github.com/akio/rosjug_seminar5/blob/master/rosjug_seminar5.pdf の「Ubuntuのパッケージをインストール」以降に沿って作業。
シミュレーション環境までできた。HOSTが4GBしかないのでメモリ不足でエラーになったけど。
この頃には、launcherにアップデートアイコンが出ているので、アップデートを実施。
→やっぱり[* Asking all remaining processes to terminate...]で進まないので、ちょっと待ってから操作メニューで停止、起動した。

その他



Total:795 Today:3 Yesterday:0


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-04-18 (土) 16:50:22 (797d)