チロロッポの作り方


Roppo(ロッポ)について

ロボットフォースさんが開発したフレームキットです。
フレームは第1ロットと第2ロット以降で一部異なっており、主に強度について改良されています。

今回紹介する作り方は、第1ロットのフレームを前提としています。
チロロッポ自体は、Roopoフレームを無改造で使用していますが、第2ロットのフレームでは外装や追加フレームなどが一部干渉するため、そのまま使用する場合はフレームをカットする必要があります。

材料

以下は、最低限必要な材料です。

材料1.jpg
材料2.jpg

その他、必要に応じて追加してください。
当方で制作しているチロロッポでは、外装にアルミ箔やトレシングペーパーなどを追加していますし、バッテリーの固定用にマジックテープを使用したりしています。

道具

以下は、加工に必要な道具です。

道具.jpg

外装データの作成

外装のイメージは、チロルチョコの包装紙をスキャナで取り込んで加工します。
加工にはフォトショップを使用しています。
(原紙は、下の「gaisou_genshi.zip」のリンクから保存してください)

イメージ.jpg
レイヤー.jpg

この画像は「上面ガイド」「チロルチョコ包装紙」「背景」のレイヤに分かれており、次の手順で編集します。

外装とフレームの印刷

作成した外装データと、以下の外装原紙とチロロッポフレームをすべて印刷します。
外装データはフィルムに、他は紙に印刷します。
外装原紙はフィルム加工時の型紙にも使うので、余分に印刷しておきます。

印刷.jpg

外装の貼りあわせ

チロロッポの外装は、フィルムと紙を貼り合わせています。
また、強度を上げたり質感を出すためにアルミ箔やトレシングペーパーなどを貼る場合もあります。
今回は、フィルム・紙・アルミ箔を貼り合わせます。
スプレー糊を使って貼り合せます。
スプレー糊は気温が低いとダマになるので、冬場は人肌程度に暖めたほうが良いです。

紙とアルミ箔.jpg
アルミ紙.jpg

次にフィルムを加工します。
余分に印刷した外装原紙とフィルムを、印刷面が内側になるよう重ねて仮止めします。
固定はマスキングテープなどを使うと良いです。
切り取り線と折り線に、プラスチックカッターでけがいてキズを付けます。

けがく.jpg

切り取り線は、カッターかはさみで切り抜きます。
後は、折り曲げて両面テープで組み立てるだけです。
箱に組み立てるときに重なる三角部分は、外側になりますので注意してください。



Total:7389 Today:1 Yesterday:1


添付ファイル: filegaisou_genshi.zip 36件 [詳細] fileけがく.jpg 55件 [詳細] fileアルミ紙.jpg 1141件 [詳細] file紙とアルミ箔.jpg 58件 [詳細] file印刷.jpg 1117件 [詳細] fileチロロッポフレーム.pdf 1208件 [詳細] file外装原紙.pdf 31件 [詳細] fileイメージ.jpg 1879件 [詳細] fileレイヤー.jpg 41件 [詳細] file道具.jpg 39件 [詳細] file材料2.jpg 1054件 [詳細] file材料1.jpg 64件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-04 (日) 23:04:00